V-netクロス 食と健康
トップ特集教育将来言わせてねっと食健レシピおすすめ
TOP
食と健康・目次
「勉強に集中できる部屋」に大変身!
vol.14 「勉強に集中できる部屋」に大変身!    

 秋も深まり、静かな夜はじっくり勉強に時間を費やしてほしいもの。ですがその前に、あなたのお子さんのお部屋は、集中するのに都合のよい環境でしょうか?
 インテリアコーディネーターの元岡恵子さんにアドバイスをいただき、集中できるお部屋の環境づくりに、挑戦してみました。

相談者の久野 明子さん
お子さんは中学2年・男の子
「息子の部屋は、机の上や周りにものがたくさんあります。片付けなさいって言って片付けさせても1週間したら、またもとの散らかった状態に…。おかげで(そのせいか)、机の前に座らずに、リビングで勉強することもしばしばなんです」と、相談者の久野さん。
インテリアコーディネーター 元岡 恵子さん
福岡インテリアコーディネーター協会 事務局長
 大学卒業後、建築会社に入社。結婚退社後、「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」に通う。終了後インテリアコーディネーターの資格を修得。現在、ご主人の会社である(有)ゆう設計企画一級建築士事務所でインテリアコーディネーターの仕事に携わるほか、九州造形短期大学で非常勤講師を務める。
 (有)ゆう設計企画一級建築士事務所
 福岡市早良区百道浜 tel.092-846-6233
 http://www.yuu-setkei.com/
お部屋づくりのポイントは?

 集中できるお部屋づくりのポイントとして、元岡さんは次の5点に留意されました。

1
勉強机は、南向きより北向きの方が落ち着く
2
勉強机やベッドヘッドのうしろにドアがあると落ち着けない
3
カーテン、ベッドカバーなどに、派手な色合いの柄物(花柄、ストライプなど)を使うとイライラ感が増し、反対に寒色系の無地を使うと心を落ち着かせる効果がある
4
照明は、全体照明の5〜10倍の明るさの照明器具(スタンド)を利き手の反対側に設置する
5
勉強机に座った位置で視線、手の届く範囲に勉強に関係がないものや気が散るもの(本・漫画・CD・ゲームなど)を置かない
机廻りを片付けよう
 右はお子さんの部屋の間取り図。久野さんは、小学校からの持ち物がそのまま部屋にあるのも気になっていらっしゃるようです。というわけで、早速、机廻りから片付けていきましょう。久野さんのお子さんのお部屋の場合、上であげたポイント1、2については問題がなかったので、3以下についての取り組みがメインとなりました。大きな問題点は、3つです。
A
気が散らないように、壁にかけていたフィギュアは外す。
 息子さんはカード集めとブロックで作るフィギュアが趣味で、小学生の時から熱心に集め、作り上げたものが、お部屋の至るところに散在。まずは思い切ってそこに着手。「チェストの上の空いたスペースにBOXと棚板を組み合わせた収納棚を作り、その中にある程度収納しましょう」と元岡さん。大事なコレクションだし、お子さんの個性となるものだから、いくつかは、お部屋のディスプレイとして飾ることに。「数をしぼりバランスを考えて置き、机に座った時視界に入らない位置にします」。
B
思いきって棚を外す。テキストや参考書のみを机の上に
 机はパソコンの位置と替えて窓際に移動。隅の方が落ち着きます。そして、いままでの机に付属していた棚を取り外しました。「棚を外しシンプルにすれば、高校生・大学生になっても使えます」。
 棚にあった漫画の本も他へ移し、テキスト・参考書、ノート類だけをブックエンドを使い並べました。
C
落ち着きと集中に効果があるブルーのアイテムを加える
 そして、お部屋に落ち着きを与え集中を高める色”ブルー“の配置。「既存の壁や家具の色を変えることは無理なので、ファブリック(布地)などで色をあしらう方法を考えます。窓辺のカーテンベッドカバーをブルー系にすれば、ブルーの色がお部屋の中である程度のスペースを占め、効果があります」。
 今回は、テンションポールを使って、出窓にブルー系のマルチカバーでカーテンを手作りしました。
D
癒しのアイテム、観葉植物は必須
 写真はマイナスイオンを放出するサンスベリア。水やりも少なくすんで育てやすい植物です。
E
足元を片付け、イスが入るスペースを確保
手元用の照明を設置
 仮性近視などを防ぐ為に、照明は必須のアイテム。勉強のしすぎで目が悪くなるかも……なんて心配はなくなります。今回は、インバーター式のものを設置しました。周波数を変えて目にやさしい光にします。もちろん、利き手の逆に設置しています。
※仮性近視を防ぐために
 『KOIZUMIライティングスクエア/イズム・エル福岡』館長の岡村三憲さんにうかがいました。
 「目はずっと同じ距離のものを見つめている間、その距離にピントを合わせるため筋肉を同じ状態で緊張させ続けています。その緊張を時々緩めてあげる必要があります。大体1時間くらい経過したら、休憩して窓の外を見るなど違う距離のものを見るようにしましょう。目にやさしい照明の方法としては、机と部屋全体の照明とを両方ともすこと。その場合、手元の明かりの照度を天井の明かりの5〜10倍の明るさに、照度でいえば1000ルクスが目安といわれています。それと、手元の光は、右利きなら左から照らす位置に設置します。これはご存知のように手暗がりをさけるためですね」。以上がまず気をつけたい最低事項。目の周りのストレッチや、マッサージなども加えて行うことがお薦めだそう。
収納棚で、チェスト廻りもスッキリ
 
A
中の見えない収納ボックスで見た目もスッキリ
 机廻りの小物を片付ける為に、収納棚を利用します。今回は、気軽にできるようリーズナブルにということで、段ボールの収納ボックスと板を置いて作りました。机廻り同様、視界に入らないようにすることで、気が散らないお部屋が生まれます。もちろん、チェスト、コーナー廻りも片付いて、見た目もスッキリ。安全のためにビスなどで壁に固定することをおすすめします。
B

カード類、フィギュア類など、カテゴリーに分けて引き出しに収納
 予め収納する物が決まっている場合は、それに合わせて引き出しを用意しましょう。より整理整頓しやすくなります。

収納棚で、チェスト廻りもスッキリ
 久野さんの感想は、「ものがいっぱいだったお部屋がすっきりしました。この状態を常にキープしてほしいです」。これで居心地良く机の前に座れそうですね。息子さんのお部屋での勉強に効果があるのは、間違いなし!
   
目次へ戻る
| vol.14 || vol.12 || vol.11 | vol.10
| vol.9 | vol.8 | vol.7 | vol.6 | vol.5 | vol.4 | vol.3 |
 
Copyright(c)2003 V-net Cross , All rights reserved.  | お問い合わせ | V-netプラス | アネムホールディングス |